修士論文タイトル(平成24年度〜)

過去の修士論文のタイトルです。さまざまなテーマに取り組んでいます。

 ○「ケアする者」の経験からケアを考える −広義のケア論から社会福祉論まで
 ○福井県児童相談所の発足とケースワークの展開
 ○福井県坂井地区における「安心できる在宅ターミナルケア」の実現への取り組み
              −インフォーマルサポートに焦点を当てた事例分析からの検討
 ○日本における「契約社員」のワーキングプア問題 −中国の労働合同法時代の参考として
 ○高齢者虐待対応における関係形成に関する研究
              −関係形成が困難な擁護者に対するソーシャルワーカーのアプローチ
 ○日本のナイチンゲール 瓜生イワの業績とその意義 −間引き・堕胎防止活動を中心に
 ○所得と肥満に関する一考察 −国際比較とアンケート調査を通して
 ○重度知的障害者の意思決定のための支援
 ○医療的ケアが必要な重度心身障害児者の地域生活を支える要件
              −ソーシャルワーク・アドボカシーを生かした相談支援
 ○重度障害者の自立と介助保障に関する一考察
              −障害者運動と介助利用の生活実態からみる自立生活の保障について
 ○慢性心不全の急性憎悪に関わる環境因子とソーシャルサポートの基礎調査
 ○スクールソーシャルワーカーの機能に影響を及ぼす要因
              -より機能していくために求められる能力の検討

大学院で学んだ社会人修了生の体験談を掲載しています。ナマの声をどうぞ。

ページのトップへ